おしり ブツブツ

おしりのブツブツの正体とは

おしりはブツブツができやすい部位です。椅子に座って痛みを感じたり、かゆみを感じることもあるのではないでしょうか。

 

おしりにブツブツができやすいのは、お尻には皮脂腺が多く分布していることや、不衛生になりやすいことが関係をしています。皮脂腺が多く分布している部位にはニキビはニキビができやすくなっています。

 

過剰に分泌された皮脂が毛穴につまることでニキビができるのです。加えて、お尻は角質が厚くなりやすく、たまった角質で毛穴の出口がふさがれてしまうので、さらにニキビができやすい状態になっています。

 

毛穴の中に皮脂がたまることでアクネ菌が繁殖をしてニキビが悪化します。おしりはムレて不衛生になりやすく、不衛生になることでアクネ菌が繁殖をします。

 

ニキビと間違えやすく気をつけたいものが粉瘤です。ニキビだと思って放置していると細菌が入り込んでしまうことがあるので注意が必要です。

 

粉瘤とは皮膚の下に袋ができて、そこに垢や皮脂がつまったものです。よくあるおしりのブツブツです。

 

ニキビとの違いはできる場所です。粉瘤は一度治っても繰り返し同じ場所にできます。

 

粉瘤ができる毛穴はくぼんでいるので確認をしてみてください。粉瘤の場合は皮膚科での治療が必要ですが、ニキビなら化粧品でのケアなどで改善する可能性があります。