おしり ニキビ 原因

おしりニキビの原因とは

おしりが突然かゆくなったり、椅子に座ったときに痛みを感じてニキビに気がつくことが少なくありません。長時間椅子に座ることが多い方は、おしりのニキビが痛くてつらいのではないでしょうか。

 

かゆみや痛みが出ているニキビは悪化している可能性があります。ニキビが悪化をするとニキビ跡が残る可能性があるので、早めにケアをすることがきれいな肌を維持するためには大切です。

 

でも、どうしておしりにニキビができてしまうのでしょうか。おしりのニキビの原因は毛穴のつまりです。

 

おしりは皮脂分泌が多い部位で、過剰な皮脂によって毛穴がつまってしまいます。毛穴の内部でアクネ菌が繁殖をすると炎症が起こり、かゆみや痛みを感じることもあります。

 

座っている間はおしりに負荷がかかって刺激を受けているので、刺激から守るために角質を肥厚されます。たまった角質は毛穴の出口をふさいでしまい、ますますおしりのニキビができやすい状態になります。

 

さらに、ムレやすく清潔を保ちにくいこともニキビが悪化をする原因です。ムレると雑菌が繁殖して不衛生になり、肌の状態が悪化をします。

 

アクネ菌が繁殖をしやすい環境が整っています。アクネ菌は皮脂が好物なので、毛穴にたまった皮脂をもとにして繁殖をしてニキビを悪化させます。